sns_01 不動産サイトを立ち上げたはかりの時はアクセスも少なく、GoogleやYahooで狙ったキーワードを検索しても自分のサイトが上位に表示されるのは難しいです。当面はアクセスが徐々に増えていくのを待ちながら地道に丁寧に物件を入力していくしかありません。

そんなサイトへの集客の方法として「SEO」や「広告」以外に、「SNS」を活用してみてはいかがでしょうか。
(SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの略称で、Twitter[ツイッター]、Facebook[フェイスブック]、Google+[グーグルプラス] などの登録制サービスが有名です。)

「そんなのもうやってるよ」と言われるかもしれませんが、効果的に活用している不動産屋さんをあまり見かけないのでもったいないなと思います。
今回は、私のSNSを活用している方法を紹介します。少しでも皆さまのサイトのアクセスアップになれば幸いです。


ビジネスアカウントを作りましょう

個人の名前のアカウントではなく、会社名(またはサイト名)で Twitter や Facebook、Google+ を使う事ができます。
Facebookは「Facebookページ」というビジネス用のページ、Google+は「Google+ ブランドページ」という、同じくビジネス用のページが作れます。

Facebookページは、複数の管理者を作れたり、いいね!を押してくれた数など統計も取ってくれます。
Google+なら、他のGoogleのサービスとの連携が便利でしょう。
Twitter にはビジネス用の機能はありませんが、アカウントがメールアドレス毎に取得できるので、会社名(またはサイト名)でアカウントを作りましょう。


つぶやく内容について

基本的に新着物件の告知をメインにすれば、物件を探してるユーザーからフォローしてくれる可能性が高くなります。物件の概要と物件を掲載しているURL、そして できれば画像をそれぞれ投稿してください。

地域の紹介の発信も大事です。お店、ローカルなイベント(町内会イベント・盆踊りとか)等、地域の細かいところを発信しましょう。地域密着型の不動産会社でしたら、自分の生活圏内の事柄ですので発信する材料はいくらでもありますよね。
よく、おいしそうな食べ物の写真だけを掲載してるのを見かけますが、どうせなら地域の紹介としてお店の名前や場所も掲載しましょう。


便利な機能を有効に使おう

ここからが重要なのですが、仕事で忙しい中SNSに投稿するのは後回しになったりして続かないものです。ここで行き詰まってやめてしまったり、全然投稿が無いアカウントになってしまいがちです。
そこで、自動で投稿できる便利な仕組みや拡散を助けるツールがいくつかあるので、それを使って長続きする「生きている」SNSのビジネスページに育てていきましょう。


JetPackプラグイン

WordPressでは「Jetpack」というプラグインをインストールして「Publicize(パブリサイズ)」を設定すれば 新規登録の際に自動で投稿してくれます。


不動産Tweet Old Postプラグイン

pro_3
不動産Tweet Old Postプラグイン」を利用すると、定期的に過去の記事や物件を自動で物件画像付きでツイートしてくれます。

例えば「更新日で直近の14日間以内に更新した物件を24時間おきにツイートする」等の設定できます。

Twitter側でFacebookと連携もできますのでツイートした内容がFacebookにも自動で掲載する事も可能です。



不動産 OGP and TwitterCards プラグイン

不動産 OGP and TwitterCards プラグイン 」は Facebook、Google+ にURLを張り付けた時に出てくる画像(物件画像も)やタイトル等を送ります。Twitter は「TwitterCards」という方法でサイトの情報をリッチに表現できます。


不動産シェアボタンプラグイン

不動産シェアボタンプラグイン 」は物件ページの下に各種シェアボタンを一括で設置できるので、他の人にシェアしてもらうだけでなく、自分でシェアする際にも便利です。

Facebook Page Plugin

Facebook Page Plugin」は Facebookページを宣伝するブログパーツを簡単に作る事ができる Facebook公式ツールです。


 スポンサードリンク



Facebook オブジェクトデバッガー

Facebook オブジェクトデバッガー」は Facebookでシェアされたり、いいねを押すとニュースフィードに記事情報が表示されます。その際にどんな画像や文章が表示されるかのチェックツールです。


Twitterツイートアクティビティ

ツイートアクティビティ」ツイートが何回表示されたかとか、リンクが何回クリックされたかなどが解る分析ツールです。



SNS活用まとめ

SNSを使った集客も、ビジネス用のアカウントを作って満足するだけでは意味が無くて「長く続ける」ことが大切になってきます。
自動で投稿する機能も使いながらも、地域の情報を発信したり、おすすめ物件などを手動で投稿したりして、有益なアカウントだと思ってもらえるような、パソコンの向こうに人柄が見えるような愛されるアカウント作りを意識してみてはどうでしょうか。
人と人とのつながりを求めて、コミュニケーションする場所がSNSなんだと思います。


スポンサードリンク

Posted by on 2016/04/18



不動産プラグインポータル