さくらレンタルサーバースタンダードで説明します。

◆まず、Webアプリケーションファイアウォール「利用しない」にしてください。

WordPressインストール

さくらレンタルサーバーでWordPress をクイックインストールする手順をご案内します。
http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/web/quick_blog.html#wp
この手順でWordPressをインストールしてください。

◆WordPressを最新バージョンへアップデート
WordPress_settei-1 インストール後、管理画面へ入り、上の方に「WordPress3.x.x が利用可能です」等の黄色い帯が出たら「更新してください。」リンクを押してアップデートしてください。


WordPressをドメイントップページに表示したい場合

クイックインストールすると、トップURLが http://◯◯.com/wordpress/ とか http://◯◯.com/wp/ のようにサブディレクトリーにWordPressがインストールされます。
http://◯◯.com/ で表示したい場合は以下のどちらかの方法で設定する事が出来ます。


【例1 サブフォルダーにインストール】*こちらのやり方が一般的です。

1)WordPress管理画面に入り
左メニュー 設定 > 一般設定パネル より 【サイトのアドレス (URL)】を
(http://◯◯.com/wp)→(http://◯◯.com)にする。→変更を保存

2)サーバーに入り(ftpか、さくら管理画面)http://◯◯.com/wp の中にある
index.phpをダウンロードし、テキストエディタで開きます。(.htaccessファイルがある場合はダウンロード)


3)index.php内、下から2行目くらいの所にある
require(‘./wp-blog-header.php’); に[wp/]を書き足します↓
require(‘./wp/wp-blog-header.php’);

4)サーバーに入り http://◯◯.com/ (ひとつ上の階層)にindex.php と .htaccessファイル を保存


5)ドメイン名URLで開いたら、WordPress表示されてるのを確認してください。

[参照-WordPress を専用ディレクトリに配置する]
http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory



【例2 ルートにインストール 】*WordPress のインストール前に行ってください。

さくらインターネットサーバコントロールパネルに入り
ドメイン設定 -> ドメイン設定 をクリック
ドメイン 一覧欄の取得したドメインの「変更」ボタンをクリック
「2. マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」の 指定フォルダ にWPをインストールするフォルダ名を入力する

/home/○○/www /example

[参照-マルチドメインの設定]
http://support.sakura.ad.jp/support/manual/rs/setdom_i.shtml


スポンサードリンク



もう少しやっておいて欲しいサーバー設定

アクセスログ

アクセスログの設定と管理でアクセスログをとるようにしてください。
その際に、「エラーログも残す」にチェックを入れてください。
sakura-01
できれば毎日、エラーログをチェックしてください。不正なアクセス試行があるかもしれません。


index of

さくらインターネットのレンタルサーバーは、ディレクトリ内に index.htmlやindex.phpなどのファイルが無い状態では、アクセスしたディレクトリ内のファイル一覧がデフォルト表示されてしまいます。

index-of1

ファイルマネージャーでアクセス制限をする」でもできますが .htaccess の DirectoryIndex に 「.ht」を追加する事でも対策可能です。
【例】
 DirectoryIndex index.php index.html index.htm .ht

[参考-.htaccessによるアクセス制御]
http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/web/htaccess.html


スポンサードリンク

Posted by on 2015/10/03



不動産プラグインポータル