WordPressの動きが不安定な場合の原因の一つは「クイックインストール」でインストールした場合やバージョンアップした場合によるものもあります。
テスト中とかで特に今のデーターを移さなくてもいい場合(捨ててもいい場合)は思い切ってクリーンセットアップした方がかえって作業が早い場合もあります。

以下はさくらサーバーでの例です。
下記作業はご自身の責任において作業を行ってください。
FTPソフトやテキストエディタ等の知識が必要です。
サイトが写らなくなるかもしれませんので念のため元の状態に戻るよう バックアップ等対策をしてください。


準備

現在利用のWordPress内の wp-config.php をダウンロードしてください。(後で変更して使います)

WordPress 最新版をダウンロード(wordpress-XXX-ja XXXはバージョン番号)
http://ja.wordpress.org/
ローカルフォルダへ保存後、zip解凍します。

サーバーに新しいフォルダを作り(以下 wp2 として)、解凍したWordPress 最新版 (WordPressフォルダの下から)をアップロードします。
wordpress-XXX-ja の wordpressフォルダ より下位のデーターをFTPでアップロードしてください。
(ファイル数が多いので FFFTP だと失敗する場合がありますので一括でアップロードする場合は FileZillaとかの方がいいかもしれません。)

フォルダ構成はこんな感じになります↓
/home/ユーザーID/www/
           wp2/
             wp-admin/
             wp-content/
             wp-includes/
             index.php
             license.txt
              ・
              ・
              ・


先ほどダウンロードした wp-config.php をテキストエディタで開いてください。
(文字化けする場合はUTF-8対応のテキストエディタを使用してください。)
下記のところを変更して下さい。
/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp';

とかになっているところを
/**
 * WordPress データベーステーブルの接頭辞
 *
 * それぞれにユニーク (一意) な接頭辞を与えることで一つのデータベースに複数の WordPress を
 * インストールすることができます。半角英数字と下線のみを使用してください。
 */
$table_prefix  = 'wp2_';

へ変更してください。
*'wp2_' は例です。今まで使ってないものにしてください。
wp-config.phpを保存して先ほどの wp2 へアップロードしてください。
その後、wp-config.php の ファイルパーミッションを 404 又は 400 にしてください。(再度ファイルをアップロードする場合は一度 604 にして下さい。)



スポンサードリンク



セットアップ

①WordPressの表示が http://ドメイン/wp2/ でよければ
そのままhttp://ドメイン/wp2/へアクセスしてセットアップを行ってください。


②http://ドメイン/ で表示させる場合はセットアップする前にドメイン設定を行ってください。
 *これは別でオリジナルドメインを取得した場合のみ有効です。
 さくらインターネットサーバコントロールパネルよりドメイン設定をクリックします。
 目的の取得したドメインの「変更」をクリックして マルチドメインの対象のフォルダ を /wp2
   (WordPressをインストールしたフォルダ)と入力します。
 
 これで http://ドメイン/ は wp2 から読みにいくようになりますので
  http://ドメイン/へアクセスしてセットアップを行ってください。
 


[参照-マルチドメインの設定]
http://support.sakura.ad.jp/support/manual/rs/setdom_i.shtml


スポンサードリンク

Posted by on 2015/10/03



不動産プラグインポータル