不動産プラグインでデフォルトテーマ(Twenty シリーズ)を使用する場合、3つのCSSファイルを読み込むようになっています。

CSSは 以下の順で読み込まれます。
  ①選択したデフォルトテーマの style.css
  ②【共通css】styleXXXX.css
  ③【デザインcss】cornersXXXX.css

デフォルトテーマのデザインをCSSで変更する場合、どれかのCSSを修正する事になりますが、不動産プラグイン本体やテーマのバージョンアップをすると元に戻ってしまいます。
そこでバージョンアップに影響されない4つ目のCSSファイルを設定して、CSSの修正コードを書きこむと安心です。(WEB製作者限定)


手順


my-plugin のインストール


my-plugin」をこちらからダウンロード・インストールしてください。
「my-plugin」とは最初は空のプラグインです。「my-plugin」を使うと今後、様々なカスタマイズをするのに便利です。


CSSファイルをアップロード


CSSファイルを プラグイン(my-plugin)フォルダへ FTPでアップロードしてください。
*ローカル(テスト環境)でも動作します。


CSS読込コードを追記

CSSファイルを読み込むようにコードを追記します。
以下のコードを my-plugin.php に張り付けてください。
*ここの例では「original.css」というファイル名で使用します。

/**
 * ヘッダーオリジナルのCSSを追加
 *
 * License: GPLv2 or later
 */
function fudou_add_original_css() {

	$plugin_url = plugin_dir_url( __FILE__ );
	wp_enqueue_style( 'fudou_add_original_css', $plugin_url .'original.css' );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'fudou_add_original_css', 999 );


これで、original.css が最後の方で読み込むようになります。

デザイン変更用のコードは original.css に書き込んでください。
*①②③のCSSファイルで既に設定しているCSSコードの打ち消しや上書き等のコードが多くなりそうですのでCSSの知識が必要です。


スポンサードリンク

Posted by on 2015/10/05



不動産プラグインポータル