不動産プラグインシリーズでは、WordPress5.0 から採用される 新しいエディタ「Gutenberg」に 対応した「不動産プラグイン(本体) ver5.0.0」を 2018/11/19 にバージョンアップ する予定です。
これに合わせてテーマの 物件詳細テンプレート(single-fudo.php)が 仕様変更となります。
変更は「備考欄(content)の扱い・表示位置変更」と「項目の追加」になります。

オリジナルテーマを制作する場合はテーマ自体の「Gutenberg」対応と
物件詳細テンプレート(single-fudo.php)をテーマ側へコピーして使用している場合は 変更された物件詳細テンプレートの対応をお願いします。


【参考】
The new Gutenberg editing experience
https://wordpress.org/gutenberg/

The new Gutenberg editing experience — WordPress
https://wordpress.org/gutenberg/handbook/

WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと
https://ja.wordpress.org/2018/11/04/things-to-know-before-using-wordpress-5-0/

テーマ を Gutenberg に対応させる時、最低限やっておく事
https://nendeb.com/741

 

備考欄(content)の扱い・表示位置変更

従来はcontent部分は「備考」として扱っていて 物件詳細項目の下に表示していましたが 不動産プラグイン(ver5.0.0) より 物件のアピールなどに使うフリーエリアとしての扱いに変更いたします。

 
備考欄(content)の 表示位置も 物件詳細項目下 から タイトル下に変更します。
新タイプ
旧タイプ
※併せて今迄表示していた「抜粋」は非表示になります。
※デフォルトテーマ(Twentyシリーズ)用の物件詳細テンプレート(single-fudo.php)は wp-content/plugins/fudou/themes にありますので参考にしてください。(不動産プラグイン本体 ver5.0.0~)

※後方互換のため、デフォルトテーマ(Twentyシリーズ)用の物件詳細テンプレート(single-fudo.php)では 設定 → 不動産プラグイン設定 で「Gutenberg」を 利用しない にすると表示位置は 物件詳細項目下(旧表示) になり「抜粋」は表示されます。
【コードサンプル】タイトル下に設置 (single-fudo.php)
<?php
<?php
//Gutenberg 利用
if ( get_option( 'fudo_use_gutenberg' ) == 'true' ) { 	//Gutenberg利用する の場合
?>
	<!-- .entry-content -->
	<div class="entry-content">
		<?php the_content();?>
	</div>
	<!-- .entry-content -->
<?php }else{ 						//Gutenberg利用しない の場合 ?>
<?php } ?>
※get_option( 'fudo_use_gutenberg' ) とは 設定 → 不動産プラグイン設定で「Gutenberg利用」を設定したフラグになります。

【コードサンプル】物件詳細項目下 (single-fudo.php)
 ※後方互換として従来の位置のコードをこちらに書き換え
<?php
//Gutenberg 非利用
if ( get_option( 'fudo_use_gutenberg' ) == 'true' ) { 	//Gutenberg利用する の場合
?>
<?php }else{ 						//Gutenberg利用しない の場合 ?>
	<!-- .entry-content -->
	<div class="entry-content">
		<?php the_content();?>
	</div>
	<!-- .entry-content -->
<?php } ?>
※get_option( 'fudo_use_gutenberg' ) とは 設定 → 不動産プラグイン設定で「Gutenberg利用」を設定したフラグになります。


項目の追加

「備考」項目が無くなった為、新たに「特記事項」として項目を追加しました。今まで「備考欄(content)」に入力していた情報はこちらに入力してください。
 

物件詳細テンプレート(single-fudo.php)にも「特記事項」を表示するコードを追加してください。

【コードサンプル】特記事項サンプルコード
<?php if( get_post_meta( $post_id, 'tokkinotices', true ) !='' ){ //不動産プラグイン v5.0.0 ?>
<tr>
	<th class="th1">特記事項</th>
	<td class="td1" colspan="3"><?php echo esc_html( get_post_meta( $post_id, 'tokkinotices', true ) ); ?></td>
</tr>
<?php } ?>
※デフォルトテーマ(Twentyシリーズ)用の物件詳細テンプレート(single-fudo.php)は wp-content/plugins/fudou/themes にありますので参考にしてください。

 

「Gutenberg」の利用可否

IE11では正常に動作しない場合があります。特に管理画面では画面がフリーズしたり保存できなかったりする場合がありますので「Gutenberg」を利用する管理者は IE11 を使わないようにしてください。

Classic Editorプラグイン

新しいエディタ「Gutenberg」は 「Classic Editorプラグイン」をインストールして設定すれば 使えなくする事もできます。

Classic Editorプラグイン
https://wordpress.org/plugins/classic-editor/

設定するには 設定 → 投稿設定 で
「Gutenberg エディターをクラシック (旧型) エディターに置き換えます。」
「Gutenberg エディターをデフォルトで使い、旧エディターへのリンクを含める。」
のどちらかを選択できます。

※「Gutenberg エディターをクラシック (旧型) エディターに置き換えます。」を選択した場合は「Gutenberg」を使わなくなりますので 従来のプラグイン・テーマを利用できるようになります。
 

不動産プラグイン設定

デフォルトでは 物件編集画面では 「Gutenberg」は使わない設定 になっています。

物件編集画面で 「Gutenberg」を 利用する/利用しない は 設定 → 不動産プラグイン設定 で 設定する事ができます。
※デフォルトは「利用しない」になっています。
※デフォルトテーマ(Twentyシリーズ)用の物件詳細テンプレート(single-fudo.php)は 設定 → 不動産プラグイン設定 で「Gutenberg」を利用しない にすると表示位置は 物件詳細項目下 になります。

今迄、不動産プラグインを使われていて 備考欄(content)に 情報を入力 している場合は「利用する」に設定すると 上側(タイトルの下) に表示されてしまいます。
この状態が困る場合は 物件を1つ1つ 備考欄(content)から特記事項へ 手作業で情報を移行するか Gutenbergを「利用しない」でご利用ください。

 

WordPress5.0での 利用プラグイン/設定 一覧

不動産プラグイン(本体)Classic Editor
プラグイン
不動産プラグイン設定投稿・固定ページ物件ページ
ver5.0 未満--Gutenberg旧エディタ
ver5.0 以降無しGutenberg利用するGutenbergGutenberg
ver5.0 以降無しGutenberg利用しないGutenberg旧エディタ
ver5.0 以降Gutenbergエディタをデフォルトで使い、旧エディタへのリンクを含める。Gutenberg利用するGutenbergGutenberg
ver5.0 以降Gutenbergエディタを旧エディタに置き換えます。Gutenberg利用しない旧エディタ旧エディタ

 

他のプラグインについて

他の不動産プラグインシリーズも 2018/11/19 にバージョンアップ 致しますので あわせてバージョンアップしてください。
特に WordPress5.0で「Gutenberg」を利用する環境で 以下のプラグインをご利用中の場合は バージョンアップしてください。

【不動産汎用CSVプラグイン ver5.0.0 】
 項目「特記事項」を追加しました。

【不動産町名検索プラグイン ver5.0.0 】
 WordPress5.0 Gutenberg に対応しました。

【不動産校区プラグイン ver5.0.0 】
 WordPress5.0 Gutenberg に対応しました。

【不動産物件ショートコードプラグイン ver5.0.0 】
 WordPress5.0 Gutenberg(css) に対応しました。


【不動産マッププラグイン ver5.0.0 】※Twenty Nineteenを使う場合
 新デフォルトテーマ Twenty Nineteen に対応しました。


※他の不動産プラグインシリーズはそのまま利用できます。


スポンサードリンク

Posted by on 2018/11/15



不動産プラグインポータル