「更新情報(Twitter)」ウィジェットは Twitterのタイムラインを「更新情報」として表示させる事ができます。
「更新情報(Twitter)」ウィジェットは Twitter API ver1.1 を利用しています。
Twitter API ver1.1では API利用に対し承認が必要になりますので 新しい「更新情報(Twitter)」ウィジェットを利用する場合は 以下の作業で認証用のアプリケーション登録を行ってください。


Twitter アプリケーション登録

https://dev.twitter.com/apps のサイトを開く
 *ログインしていない場合は Twitter のアカウントを入力してログインする。


②「Create a new application」ボタンをクリックする

③Application details内の各項目に入力する。

 Name: アプリケーションの名前を入力 32文字以内。
 Description: ユーザー向けの認証画面に表示されるアプリケーションの説明を入力。10~200文字以内。
 WebSite: 設置するサイトのURLを入力
 Callback URL: 入力不要


④Yes, I agree にチェックを入れて CAPTCHA を入力して Create your Twitter appliction ボタンを押します。


⑤access tokenを得るために一番下の Create my access token ボタンを押します。



⑥下の方に Your access token という項目が増えます。



⑦以下の項目をメモしてください。
「Consumer key」
「Consumer secret」
「Access token」
「Access token secret」


⑧「更新情報(Twitter)」ウィジェット内の設定画面で Twitter OAuth settings 以下を入力してください。



スポンサードリンク





「更新情報(Twitter)」ウィジェットを使わない方法

デザインは違いますが、Twitterのユーザーウィジェットで作成したコードを貼り付ける事もできます。

https://twitter.com/settings/widgets/new のサイトを開く
②必要ならば各項目を入力して「ウィジェットを作成」ボタンを押します。
③コードが出てきますのでコピーして WordPressの「テキスト」又は「テキスト/HTML」ウィジェットに貼り付けます。


*幅は最大520px(レスポンシブ対応)になりますがCSSでなんとかできるかも・・
<style>
iframe.twitter-timeline{width:700px;}
</style>



スポンサードリンク

Posted by on 2015/10/03



不動産プラグインポータル