main_amp AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略称で GoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクトです。
WordPressも、WordPress.comを運営するAutomattic社からAMPに対応させる「WordPress AMPプラグイン」が公開されています。

しかしこのプラグインだけでは投稿記事には対応しますが不動産物件には対応しておりません。そこで、不動産物件にも対応する追加機能プラグイン「不動産AMPプラグイン」をリリースいたしました。
「WordPress AMPプラグイン」と「不動産AMPプラグイン」をインストールするだけで簡単に不動産サイトがAMP対応になります。


導入方法

「不動産AMPプラグイン」を利用する場合は WordPress AMPプラグインが必要です。
まず「WordPress AMPプラグイン」をインストールしてから「不動産AMPプラグイン」をインストールしてください。
 

WordPress AMPプラグインインストール

AMPプラグインインストール WordPress管理画面より、「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。
テキストボックスの「プラグインの検索」の所に「AMP」と入れて検索すると今なら最初の方に出てきます。
※類似のAMPがいろいろありますので注意してください。
「今すぐインストール」ボタンを押してダウンロードが終わりインストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

WordPress AMPプラグイン(Automattic) ※ver2.0.0以降をご利用ください
https://wordpress.org/plugins/amp/


不動産AMPプラグインインストール

「不動産AMPプラグイン」をダウンロードして WordPressへインストールしてください。

①プラグイン新規追加をクリック
②アップロードをクリック
③「ZIP 形式のプラグインをインストール」で ダウンロード した fudouampXXXXX.zip を
  選択して「いますぐインストール」をクリックしてください。
④インストールが終了したら「有効化」にしてください。

 ※解凍してFTPでアップロードすると不完全になる場合がありますのでお勧め致しません。


設定方法

以下「WordPress AMPプラグイン」ver2.0.0 での画面で説明します。

WordPress AMPプラグイン設定

管理画面 AMP → 設定 をクリックしてAMP設定画面を開いてください。

①「Template Mode」で「Reader」を 選択してください。
AMPプラグイン設定 Template Mode ※他のTemplate Modeは対応していません。


②「Reader theme」は「AMP Legacy」を 選択してください。
AMPプラグイン設定 Reader theme ※他のReader themeは対応していません。

③「Supported Templates」の「Content Types」は物件にチェックを入れてください。
AMPプラグイン設定 Supported Templates

④いちばん下にある「Save changes」ボタンを押して保存してください。
AMPプラグイン設定 Save changes

ユーザーごとの設定

「WordPress AMPプラグイン」は ユーザーごとに開発者ツールを 使う/使わない を設定できます。
※開発者ツールではページが完全にAMP互換であるかどうかを検証してエラーがあれば警告するようになっています。
※これは高度な知識が必要なのと無駄にデータベースを消費しますので「使わない」にしといた方がいいかと思います。

標準では「使う」になってますので 不要な場合は
管理画面 ユーザー で ユーザーを選択し、プロフィール画面で「AMP Developer Tools」のチェックを外して 「プロフィールを更新」ボタンを押してください。



他、詳細な使い方はこちらをご覧ください。
Getting Started - AMP for WordPress
https://amp-wp.org/documentation/getting-started/


サイトアイコン設定確認

サイトアイコン(ファビコン)を設定していない場合は管理画面で登録してください。
「外観」->「カスタマイズ」でテーマカスタマイザーを開き、「サイト基本情報」をクリックしてサイトアイコンを登録してください。
またサイトアイコン用の画像は 横512px 縦512px で作ってください。
不動産AMPプラグイン サイトアイコン


表示の確認

AMPプラグインをインストールしたら表示の確認をしましょう。
物件詳細のページに行き、URLの後ろに「&amp」を追加してロードしてください。
※パーマリンクが「基本」以外の場合は「/amp」又は「?amp」

例えば物件詳細の URL が
https://nendeb.jp/demo/?post_type=fudo&p=23 (パーマリンク:基本) でしたら
https://nendeb.jp/demo/?post_type=fudo&p=23&amp になります。
また、
https://nendeb.jp/demo2/fudo/1585 (パーマリンク:数字ベース) でしたら
https://nendeb.jp/demo2/fudo/1585/amp になります。

※AMP対象のページは「Supported Templates」の「Content Types」で設定した「投稿記事」や「物件詳細」ページ等 になります。
※404表示になる場合は管理画面の設定 → パーマリンク設定 を 開いて カラ更新してみてください。


個別にAMPにしたくないページがあれば「AMP: Disabled」にして記事(物件)を更新してください。
ブロックエディタ
旧エディタ


オプション

必要な場合は 管理画面で「設定」->「不動産AMP設定」で以下の設定ができます。
不動産AMPプラグイン オプション

GoogleAnalyticsトラッキングコード

AMP用の GoogleAnalytics トラッキングコードを設置できます。
GoogleAnalyticsでAMP用のトラッキングコードを新規で作成してここに設置してください。
※管理画面 AMP → AMP Analytics は使いません。


代替画像

不動産AMPプラグイン 代替え画像 AMPでは 構造化データ(schema.org)用の画像(幅 1200px以上)が必要です。
物件によっては画像を登録していなかったり画像が(1200pxより)小さかった場合はエラーとなってGoogleに登録されません。
そこで、構造化データ(schema.org)用の画像が取得できなかった場合の代替え画像(幅 1200以上)をここで設定しておきます。
※なるべく物件画像は 幅1200px以上の 画像をアップロードする事をお勧めします。


ご注意

  • 不動産AMPプラグインは 「不動産プラグイン」用のプラグインです。
  • 「不動産AMPプラグイン」を利用する場合は「WordPress AMPプラグイン」が必要です。
  • 外部のブロックプラグインでは AMP表示が非対応のものもありますので利用する場合は確認をしてください。
  • 「WordPress AMPプラグイン」「不動産AMPプラグイン」は WordPress 4.7以降のバージョンでお使いください。
  • 物件情報の内容や同一ページ内の他コンテンツによっては正しくGoogle(AMP)に登録されなかったり警告がある場合があります。
  • 上記のように正しくGoogleに登録されなかったり警告がある場合は個別にAMPを停止するか利用をあきらめてください。
  • 不動産プラグインシリーズやサービス 及びnendebサイト情報をご利用上の損害等に関して、nendebはいかなる責任も負わないことと致します。
  • 提供するプラグイン、デザインテーマ、各種サービスは全て「不動産プラグイン」シリーズ利用規約に基づきます。ご試用またはご購入いただきました時点で「不動産プラグイン」シリーズ利用規約に同意したものと致します。



不動産AMPプラグイン Ver5.5.1 (無料)ダウンロード

 スポンサードリンク



不動産AMPプラグイン ダウンロード
不動産プラグインマーケット サイトへ移動します。
※更新内容はこちらをご覧ください。更新履歴 Changelog

Posted by on 2020/09/01