pro_3 過去の記事を自動でツイートするのに 「旧Tweet Old Post」や「Tweetily」 というのがありますが どちらもソースはほぼ同じで ツイートできるのは投稿記事だけで物件は対象ではありません。
また 最近、画像投稿をするとタイムラインに画像表示されるようになり 結構めだつ感じなので 不動産プラグイン用で 物件ツイートと画像同時ツイートできるプラグイン を 旧Tweet Old Post をベースに作りました。
さらに高機能な「不動産 Tweet Old Postプラグイン Pro 」もございます。

*不動産プラグイン用に作りましたが不動産プラグインが無くても投稿と画像同時ツイート用として使えます。


主な変更点

pro_4
① OAuth部分を Twitter's OAuth API に変更しました。
 TwitterOAuth  PHP library for working with Twitter's OAuth API.
 https://github.com/abraham/twitteroauth

②ツイート時に画像も同時に投稿できるようにしました。
 *画像は物件画像、アイキャッチ又は記事内の largeサイズの画像が対象です。
 *画像は最大4枚まで投稿されます。
 *優先順位は「アイキャッチ」-「物件画像」-「投稿内画像」の順です
 *画像は wide400px height150px 以上の画像が対象になります。
 *対象の画像は「F-Exclude Post」で確認できます。

③不動産プラグインの物件情報にも対応しました。
 *会員物件はツイートされません。

④経過日数の絞り込み対象を「登録日」か「更新日」かを選べるようにしました。
 *使用例 : 直近の更新した物件を集中的にツイートする。
   【ツイート対象(最小経過日数)】0
   【ツイート対象(最大経過日数)】14
   【ツイート対象絞り込み日付】「更新日」




インストール


①オリジナルの「Tweet Old Post」や「Tweetily」を利用している場合は停止または削除してください。
*停止または削除しないと次で画面が真っ白になるかもしれませんので注意してください。
*設定データーは引き継ぎますが追加項目もありますので必ず再設定してください。

②「不動産Tweet Old Postプラグイン」をダウンロードしてWordPressへインストールしてください。

③オリジナルの「Tweet Old Post」や「Tweetily」が停止又は削除されているのを確認したら「不動産Tweet Old Postプラグイン」を有効化してください。

④設定画面を開いて項目を再設定してください。 また、念のため Twiiter認証をやり直してください。


使い方

tweetoldpost-2a
オリジナルの旧Tweet Old Postとほぼ同じです。
設定して絞り込まれた対象の投稿、物件情報をランダムにツイートします。
管理画面「Tweetoldpost」内でアプリ認証を行い、各設定をしてください。
うまく設定できたかは実際に 下の「ツイートする」ボタンを押してから Twitter のタイムラインで確認してください。


tweetoldpost-1 【ツイッター連携アプリ認証】
 ツイート先のTwiiterアカウントでTwiiter認証をしてください。
 成功するとロゴが表示されます。

【ツイートの内容】
 ツイートするテキストを選択します。通常は「タイトルのみ」でいいと思います。

【追加のテキスト(文章の先頭)】
 ツイートするテキストに追加する文字を先頭に設定します。特に無くてもいいです。
 例 【再掲】とか【過去記事】等

【追加のテキスト(文章の後方)】
 ツイートするテキストに追加する文字をテキストの最後に設定します。特に無くてもいいです。

【記事のURLを含める】
 ツイート文に記事のURLを追加します。これは必ず入れるようにしましょう。
 長いURLになる場合はURL短縮サービスを利用してください。

【カスタムフィールドから URL取得】
 URLをカスタムフィールドから取得します。通常は不要です。

【URL取得するカスタムフィールド名】
 ↑を設定した場合、これは指定されたカスタムフィールドからURLを取得します

【URL短縮サービス利用】
 URLを短くします。パーマリンク設定で「投稿名」等にしていて長いURLになる場合は文字数を消費しますので使ってみましょう。
 *URLが140文字を超える場合はURLの挿入はキャンセルされます。

【URL短縮サービス】
 URLの短縮サービスを選択してください。
 JetPack の「WP.me 短縮リンク」も利用可能です。
 bitlyの場合は https://bitly.com/ にログイン後、Settings で ADVANCEDタブの Legacy API Key を
 確認してください。

【ツイートに画像を含める】
 物件画像 アイキャッチ画像 または本文内の画像が対象です
 対象の画像は wide400px height150px 以上の画像が対象です。

【ツイートに含める最大画像数】
 最大画像数を設定できます。

【#ハッシュタグ】
 ハッシュタグを挿入します

【インラインハッシュタグを使用します】
 ツイート文の中に同じハッシュタグがあれば追加しません。

【ハッシュタグの最大文字数】
 ツイートする文字数から 入力した数を予め確保します。
 すべてのハッシュタグが含まれるようにするには 0 に設定します。

【共通のハッシュタグ】
 全てのツイートに同じハッシュタグが追加されます。

【カスタムフィールド名】
 指定のカスタムフィールド内のハッシュタグを使います。

【Tweetの最小間隔】
 自動ツイートする間隔(時間) (0に設定すると、デフォルトの24時間になります)

【ツイート対象(最小経過日数)】
 最小と最大であわせて対象記事を取得する期間を設定します。
 (0 にすると今日から になります)

【ツイート対象(最大経過日数)】
 最小と最大であわせて対象記事を取得する期間を設定します。
 (無期限にする場合、0 を入力するか、空白にして下さい)

【ツイート対象絞り込み日付】
 ツイート対象の絞り込み日付を「投稿日」か「更新日」に指定する事ができます。
 不動産物件でしたら 最小0最大14にした「更新日」の方がいいかもしれません。

【一回のツイート投稿数】
 ツイートする投稿数。通常は1回です。

【投稿タイプ】
 ツイートする対象を選択してください

【対象から除外するカテゴリー】
 除外するカテゴリをチェックしてください。チェックしたカテゴリの記事や物件ははツイートされません。


※設定を変更したら「変更を保存」をクリックして保存してください。



自動ツイートしてほしくない 投稿記事(物件)がある場合は 「F-Exclude Post」内で個別に選択できます。
tweetoldpost-3a

各記事にチェックを入れて「更新」ボタンを押してください。
色がついている記事は自動ツイートされません。


カスタマイズ

不動産Tweet Old PostプラグインのTwitter認証は nendeb のアカウントを利用しています。
もし、他のアカウントでTwitter認証を行いたい場合はTwitter Application Managementで各KEYを取得して
以下のアクションフックに my-plugin 又は テーマの functions.php 等に追記してください。
※CONSUMER_KEY/SECRET を変更した場合は「ツイッター連携アプリ認証」をとりなおしてください。

/**
 * CONSUMER_KEY
 * 
 * If you want to change the CONSUMER_KEY.
 */
add_filter( 'fudo_top_consumer_key', 'xxxxxx' }  );	//Your CONSUMER_KEY

/**
 * CONSUMER_SECRET
 * 
 * If you want to change the CONSUMER_SECRET.
 */
add_filter( 'fudo_top_consumer_secret', 'xxxxxx' }  );	//Your CONSUMER_SECRET


画像同時ツイートの際に抽出する画像は 画像タイプは「大サイズ」で wide400px height150px以上になります。
これらを変更したい場合は以下のアクションフックに my-plugin 又は テーマの functions.php 等に追記してください。
/**
 * Image Wide
 * 
 * If you want to change the Minimum Image Wide.
 */
add_filter( 'twitter_photo_sizes_min', 400 );

/**
 * Image Height
 * 
 * If you want to change the Minimum Image Height.
 */
add_filter( 'twitter_photo_sizes_min2', 150 );

/**
 * Image Type
 * 
 * If you want to change the Image Type.
 * Image Type: thumbnail medium large full and Your Type
 */
add_filter( 'twitter_photo_size', 'large' );


サーバーのCronも使えるかもしれません。サーバーキャッシュのおかげで自動ツイートできない、または 決まった時間にツイートしたい..等、サーバー側で設定できる場合は試してみてください。
以下はさくらサーバーの例です。
#Set Cron Sample
cd /home/~/www/wordpress/wp-content/plugins/fudou-tweet-old-post/cron; /usr/local/bin/php tweet-old-post-cron.php
/home/~/www/ はそれぞれの環境にあわせてください。


サーバーのCronを使うので○時間ごとの自動ツイートを停止する。
/**
 * stop the Tweet
 * 
 * If I want to stop the Tweet so use the cron.
 */
remove_action( 'init' , 'fudo_top_tweet_old_post' );


ご注意

  • 不動産Tweet Old Postプラグインは 「不動産プラグイン」用のプラグインです。
  • 自動ツイートの頻度によってはアカウントに影響があるかもしれませんのでご注意ください。
  • 記事の内容や画像によっては正常に動作しない場合があります。
  • Twitterの仕様変更等により動作しなかったり表示しなくなる場合があります。
  • 不動産プラグインシリーズやサービス 及びnendebサイト情報をご利用上の損害等に関して、nendebはいかなる責任も負わないことと致します。
  • 提供するプラグイン、デザインテーマ、各種サービスは全て「不動産プラグイン」シリーズ利用規約に基づきます。ご試用またはご購入いただきました時点で「不動産プラグイン」シリーズ利用規約に同意したものと致します。



不動産Tweet Old Postプラグイン Ver1.7.6 (無料)ダウンロード

 スポンサードリンク



不動産Tweet Old Postプラグインダウンロード
※nendeb-bizサイトへ移動します。




おまけ

TwitterとFacebookを連携する事により、ツイートした投稿・物件をFacebookに表示させる事もできます。
*但し通常のツイートもFacebookに行きます。

TwitterをFacebookで利用する方法
https://support.twitter.com/articles/251740-twitterfacebook#

TwitterとFacebookの連携に関する問題
https://support.twitter.com/articles/20126341-twitterfacebook#


Posted by on 2016/08/18